ストレスのない生活を手に入れよう!

ストレスと食欲の関係とは?

ストレスと食欲の関係は?
ストレスがたまるとやけ食いで発散する人もいれば、食欲が落ちて何も食べられなくなる人もいます。この違いは、どこから来るのでしょうか?

ストレスでやけ食いをする理由

ストレスが続くと気持ちがイライラしますね。イライラするのは、自律神経の一つである交感神経が活発に働いて、ストレスをやっつけようとしているからです。つまり、臨戦態勢となり興奮状態が続いているのです。

常に臨戦状態でいると、体に負担がかかります。体はバランスを取るために、交感神経の働きを抑えようとします。

そこで登場するのが、もう一つの自律神経である副交感神経です。副交感神経はダウナー系の働きをします。興奮状態を落ち着け、イライラを沈めようとするのです。

そして、副交感神経を働かせるのための最も簡単な方法が、胃をふくらませることなのです。
また、ストレスを感じると体内にコルチゾールと呼ばれるホルモン物質が発生します。コルチゾールは体内に脂肪をためる働きをすると同時に、食欲のストッパーをはずします。

このため、食べても食べても食欲が治まらないという状態が起こるのです。

ストレスで食欲がなくなる理由

一方で、ものが食べられなくなる人も少なくありません。脳には、おなかが減ったと感じる部位と、もう満腹で食べられないと感じる部位があります。

ふだんは血液中に含まれるブドウ糖の量で、空腹・満腹を判断しているのですが、大きなストレスを感じると、ものを食べなくても血糖値が上がることがあります。このため、脳が間違えて満腹だと感じ、食欲が湧かなくなるのです。

また、強いストレスを感じると交感神経が活発になり、ストレスをやっつけるために脳などに血液が集中的に送られます。必然的に胃や腸に送られる血液の量が少なくなりますから胃腸の活動が低下し、食べなくても空腹を感じなくなるのです。

リラックスを心がけよう

ストレスで食欲がなくなる理由
過食も食欲不振も、どちらも体に負担がかかります。ストレスの原因を取り除くのが一番ですが、それが難しい場合は、リラックスを心がけてください。アロマテラピーや、ヨガ、ウォーキングなど、リラックスできることにチャレンジしましょう。