ストレスのない生活を手に入れよう!

妊娠による腰痛の悩みはこれで解決!

腰痛の原因

妊娠してお腹が大きくなってくるにつれ、重心のバランスを保つためについ腰をそらせた状態になってしまいます。

骨盤や腰椎が前方に傾くと、背中の筋肉で支えて後方にバランスをとろうとして背中が張った状態になるため、腰痛が起こります。

 

また、妊娠による姿勢の変化だけでなく、腰痛はホルモンのバランスも関係しているとみられています。

妊娠すると、リレキシンというホルモンが分泌されますが、このホルモンは赤ちゃんがお母さんの狭い骨盤を通れるように、出産に備えて関節や靭帯をゆるめたりする作用があります。

ゆるんだ骨盤をお尻の筋肉や腰の筋肉で支えようと腰痛が起きるのです。

 

今回は、このような妊娠が原因で起こるつらい腰痛の解消方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

腰痛の解消方法


腰痛が悪化しないためにも、腰を支える筋肉の血行不良を改善するように心がけ、妊娠中も運動不足にならないように気をつけましょう。

妊娠時期にあわせたストレッチなど、産院で教えてくれるところもあります。また、妊婦用のサポートベルト・帯もあり、腰痛の予防や痛みの緩和にも効果が期待されます。

妊婦帯 おすすめサポートベルトを見る

 

マタニティ整体やマタニティマッサージも効果的


イチオシの腰痛の解消方法はマタニティ整体やマタニティマッサージです。

妊娠中でも施術を受けられるお店も多くなってきています。「妊娠中なので整体やマッサージは受けられない」とあきらめて痛みをこらえながら過ごすよりも、適切なケアを受けて体を楽にして、快適なマタニティライフを送りたいものです。

 
体と心はつながっています。腰痛などの痛みをケアして体をリラックスさせることで、心も安定します。

安定期になってから施術を受けらるお店が多いため、私は安定期になるまではその時期にあわせたストレッチを自宅で行い、安定期に入ってからマタニティ整体やマタニティマッサージを受けに行きました。

施術後は痛みが緩和されるだけでなく、妊娠中は生活の中でいろいろな制約があるためストレスもたまりやすいので、整体やマッサージを受けて癒されることでリラックスでき、心までも元気になりました。

 

ただし、マタニティの時期に大切な身体を預けて施術してもらうことになりますので、きちんとした資格があるかどうか、自己責任において判断してくださいね。

妊娠によって体が変化していき、腰痛に悩まされたり、妊娠への心配事や不安もあって精神面でも不安定になりやすいマタニティ時期。自分にあった解消方法をうまく取り入れて、心身ともにリラックスした生活を過ごしていきましょう。