ストレスのない生活を手に入れよう!

ストレスによる白髪を減らす方法

ストレスによる白髪を減らす方法
もともと人の髪とは白髪です。黒髪になるのは、色素細胞であるメラノサイトから、メラニン色素が生成されるためです。

しかし、この色素細胞の働きが衰えてしますとメラニン色素が生成されにくくなり、白髪になってしまいます。

細胞の働きが衰える現象は、加齢が原因で見られますが、色素細胞は生まれつき弱い人もいて、若い時から白髪の多い人は遺伝で白髪が多いケースがあります。

その他、加齢や遺伝以外にも白髪の原因となるものがあります。それは、紫外線の影響や不規則な食生活、睡眠不足そしてストレスなどです。

●白髪とストレスはどう関係があるのか

白髪とストレスとの関係はどのようなものでしょうか。

ストレスに関係のある自律神経には交感神経副交感神経があります。

ストレスがあると体は緊張状態になります。体が緊張状態の時に働いているのが交感神経です。副交感神経はリラックス状態の時に働きます。

したがって、ストレスで交感神経が過剰すぎると自律神経のバランスが壊れてしまいます。そうすると血液の流れが悪くなり、全身に栄養が行かなくなって体の細胞が衰えていきます

血行が悪くなると、白髪の原因となるメラノサイトの色素細胞にも栄養がいかなくなります。そのため、色素細胞が衰えてメラニン色素が生成されなくなり白髪ができてしまうのです。

ストレスにより自律神経のバランスが壊れ、血行が悪くなって細胞が衰え、白髪ができるということになります。

●ストレスによる白髪の対処法

ストレスによる白髪を減らす方法
ストレスによる白髪、そして白髪が気になるのがストレスとなり悪循環という人も多いのではないでしょうか。

ストレスが引き起こすのは血行不良だとすると、ストレス解消と同時に血行を良くする対策をすれば相乗効果が期待できます。

例えば、頭皮マッサージです。血行が悪いと頭皮も硬くなります。頭皮マッサージは自分で行うのも良いですが、ストレス解消を兼ねるならば、美容室やリラクゼージョンのお店でやってもらうとリラックスもできて気持ちよいでしょう。

他には、適度な運動をすることです。運動をすると体が温まって血行が良くなるのはもちろんです。運動は、ストレス解消にも効果的です。運動に集中しているとストレスのもとも忘れられます。

また、運動は体を強くするばかりか気持ちを明るくさせ、心も強くさせます。ランニングやウォーキングも良いですが、ダンスやヨガなど上達ぶりがみられるものだと継続しやすくよりストレス解消には効果的です。
 

いかがでしたでしょうか。

悩み過ぎると白髪が増えるといいますが、そのとおりだといえます。ストレス解消は白髪の予防・改善にもつながりますので、上にあげた方法をぜひやってみてくださいね。