ストレスのない生活を手に入れよう!

ストレスで寝れないのは不眠症?症状と改善方法まとめ


日々生活をしていると、仕事や人間関係などで知らぬ間にストレスが溜まっているものです。そして、そのストレスを一番実感するのは就寝時とも言われています。

目を閉じると嫌なことばかりが頭に蘇って眠れない、そして、眠れないことによって更にストレスが溜まってしまうのです。

 

そこで今回は、ストレスで寝れないのは不眠症?と悩んでいる人のために、不眠症の症状と眠るための改善方法を紹介します。

 

不眠症とは

日本人の5人に1人が発症しているとも言われているのが不眠症です。

  • 横になっても1時間以上眠りにつけない
  • 眠ったとしても何度も目が覚めてしまう
  • 眠りが浅いため熟睡した感じが得られず疲労が溜まる

このような症状は、不眠症にかかっている可能性が高いといえます。

 

特に、女性に多く見られる不眠症は、年齢的な身体要因や運動不足などによる生活習慣、人間関係や仕事などによるストレスからくる心の要因などが主な原因と言われています。

悪化するとうつ病や自律神経失調症などにかかってしまうため、早期に改善することが重要となってきます。

 

不眠症は病院へ行くべき?


長い間不眠症の症状が続くと、精神的にも肉体的にも追い詰められてしまいます。不眠症も立派な病気のひとつです。そのため、生活に支障が出てくるならば病院へ行くのもひとつの改善方法と言えます。

 

まずはかかりつけの内科へ行き、受診してみましょう。不眠症の進行状況によって安定剤や睡眠導入剤を処方してくれる場所もあります。また、深刻なほど不眠症が進んでいた場合は、心療内科や精神科への紹介状を書いてくれる病院もあります。

 

しかし、風邪をひいたときや歯が痛いときとは違い、ストレスで寝れないから病院へいくことに対して抵抗を感じる人も多いでしょう。

 

自分で改善することができれば、それにこしたことはありません。次項では、不眠症を自分で改善させるための方法を紹介していきます。病院へいく前に、ぜひ試してみましょう。

 

不眠症を自分で改善する方法

①寝る1時間前に入浴する


睡眠を誘うのは、体温が下がり始めたときと言われています。日中に動いた身体がオーバーヒートしないように、体温を下げて休めてあげる作用が働くためです。

この原理を利用して、睡眠の約1時間前に入浴をすることが改善方法としておすすめなのです。お湯の温度は40度前後、湯船に浸かる時間は10分以上を目安に入浴すると効果的です。

 

 

②寝る前のストレッチ


入浴と同じですが、寝る前にストレッチをすることで身体を温めることができます。血行も促進されるため、血流がよくなるのでより体温を上げることができます。

また、ストレッチには心をリフレッシュさせる効果もあるので身体に溜まったストレスを吐き出すことにも繋がるためおすすめです。主に、足をメインにストレッチをおこないましょう。足裏の涌泉というツボを刺戟するのもおすすめです。

 

 

③リラックスする時間を作る


仕事や家事に追われる時間を過ごした身体は、心身ともにとても疲れています。そんなストレスを緩和するために、就寝前にリラックスできる時間を設けましょう。

ただ空をぼーっと眺めるだけでも改善される場合があります。また、好きな音楽で心を落ち着かせるのもひとつの方法です。

しかし、1日を振り返りストレスが蘇らないように注意しなければなりません。もしストレスを感じたときは、「なんとかなるさ」「明日がある」と気持ちをきっぱりと切り替えることが重要となります。

 

 

④思ったことを書き出す


心の中にすっと溜め込むことでもストレスは溜まってしまいます。1日を振り返り、言いたいことはその日の内に吐き出すためにも、思ったことをノートなどに書き出してみましょう。日記をつけるのもおすすめです。心がスッキリして、心の要因となる不眠症を改善させることができます。

 

女性は、仕事に家事、人間関係などでストレスが男性よりも溜まりやすいのです。ストレスで寝れない不眠症に悩んでいる人は、簡単な方法なのでぜひ改善方法を試してみましょう。それでも改善されない場合は、専門医に相談する方法もあることを覚えておいてください。