ストレスのない生活を手に入れよう!

ストレス太りの原因って?

ストレス太りの原因って?

ストレスがたまると、太る脳になっちゃう!?

ストレスを感じると、体にさまざまな変化が起こります。甘いものが無性に食べたくなったり、逆に心が落ち込んで食欲がなくなったりと、食事に関する反応も変わります。

特に女性はストレスを感じると食べ過ぎる傾向にあるといわれており、ストレス太りになりやすいので要注意です。

ストレス太りになる仕組み

ストレスを感じると、ストレスに対抗しようとして体内にホルモン物質が分泌されます。ストレスに敏感なホルモン物質であるコルチゾールが、ストレスから体を守るために新陳代謝を低下させて、脂肪を蓄えようとする働きをします。

イライラすると脂ものや甘いものが食べたくなる傾向がありますが、これは脳が脂ものや甘いものを欲しているからです。

体がストレスに対抗しようと臨戦態勢になり、体の司令塔である脳に栄養を送ろうとします。このため、脳に働きに必要な糖分が欲しくなるのです。

このほか、脳から体へと情報を送るために欠かせないコレステロールも欲しくなりますし、精神状態を落ち着かせるために、などに含まれるトリプトファンと呼ばれるアミノ酸も必要になります。

つまり、ストレスを感じると体は脂肪をため込もうとすると同時に、甘いもの、脂っこいもの、お肉などを要求するのです。

ストレスを感じると、ケーキが食べたくなる女性が多いのはこのためです。無性に焼き肉が食べたくなるという男性もいますね。

このような状態では、いくらダイエットを頑張っても苦しいだけですし、思うように痩せません。ダイエットがうまくいかないと、さらにストレスがたまってしまい、ますます痩せにくくなるという悪循環に陥ってしまいがちです。

ダイエットもストレス太りの原因に!

ストレス太りの原因って
そして、実に厄介なことに、ダイエットそのものがストレスの原因になっていることも多いのです。ダイエットによる食事制限が体に大きな負担を与えてしまうため、皮肉なことに努力しようと意識すればするほど痩せにくい体質になるのです。

このためダイエットに成功して一時的に痩せても、その後すぐにリバウンドしてしまうという現象が起こるのです。