ストレスのない生活を手に入れよう!

職場の人間関係によるストレスを減らす3つの方法

職場の人間関係によるストレスを減らす3つの方法
女性の多い職場で最もストレスを感じる原因となるのが人間関係。
職場に馴染むために人間関係を大切にするあまり、ストレスを貯めこんでしまう人も多いのではないでしょうか。

親しくなりすぎても、距離をとりすぎてもうまくいかない職場での人間関係。
では、出来るだけストレスを感じないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか。

1.相手との適切な距離を探る

人はそれぞれ、適切な距離感が存在します。
親しくすることが良い人間関係と思う人もいれば、適切に支えあう関係が良いと思う人もいます。

人間関係でストレスを感じる大きな要因の一つは、相手と自分の思っている「距離感」にずれが生じていることです。

相手を知れば知るうちに、側にいるのがしんどいなと感じるのであれば、自分から距離を定めてしまいましょう。接する機会を調整したり、会話する時間を調整することで、少し自分が楽になっていくことがわかるはずです。

 

2.相手に対して期待をしない

誰かに対して「こうしてほしい」「ああしてほしい」と望むのは、人間にとって当たり前の行動です。

しかし人間関係において、そういった期待は自分の精神を追いつめる結果になってしまいます。なぜなら、相手の考え方や性格・行動など、自分では絶対に干渉できない部分をコントロールしようとしてしまうからです。

どんなに親しい人でも、どんなに嫌いな人でも、その人はその人なりの人生や時間を積み重ねて来た結果の人柄を持っています。過度な干渉やコントロールはせず、人の人生は人の人生と割りきって、相手に期待することをやめましょう。

 

3.人と話すときにネガティブワードを使わない

一番気をつけて欲しいのが、同僚同士で集まった時にネガティブなワードで会話をしないこと。

女性の多い職場では、仲の良い人達が集まって、グループに属していない人に対しての愚痴が出てくることがあります。そういった会話に一度でも混ざってしまうと、自分自身の心も傷つけていくことになります。

誰しもの心の中に「悪口は言いたくない」という気持ちがあるはずです。しかし、その場の空気に任せてネガティブなワードを口にしてしまうと、後々「自分がそう言われているのではないか」と不安になってしまうことがあります。

人の悪口は自分に返ってきてしまうもの。そういった悪口の集まりには顔を出さない、そういう人たちの話題に触れないのが、最も健康的な精神を保つ秘訣です。

 

どんな状況にも言えることですが、ストレスを緩和させるコツは他人と自分の境界線をはっきりと引いておくこと
この一点に付きます。

「人は人、自分は自分」とはっきりとした意志をもって、少しでもストレスの少ない生活が送れるようにしていきましょう。