ストレスのない生活を手に入れよう!

口内炎の原因がストレスって本当?

口内炎の原因がストレスって本当?
口内炎とは、口の中の粘膜が細菌などに感染して炎症をおこす症状です。食事をするために痛みを感じたり、しゃべりにくくなったり、ほんの小さな炎症でもとても気になりますね。1週間から10日程度で治りますが、定期的に発症する人もいます。

口内炎の原因は?

口内炎にはさまざまな種類がありまり、ウィスルなどが原因で発症するものもありますが、最も一般的なのが「アフタ性口内炎」と呼ばれてるものです。しかし発症の原因は、はっきりとわからないことが多いのです。

最も一般的と考えられている原因は、栄養不足や体力の低下などで身体の抵抗力がおとろえ、細菌に感染するというものです。

口内炎とストレスの関係

口内炎の原因の一つに、ストレスが挙げられます。

口内炎は、粘膜の炎症によって起こるものですが、口の中の粘膜は、ストレスに敏感に反応するのです。つまり、ストレスがたまると口の中の粘膜の抵抗力がおとろえ、細菌に感染しやすくなるのです。

また、ストレスで食欲不振になり栄養のバランスが崩れると、正常な粘膜を維持するためビタミン不足となり、炎症がおこりやすくなります。

正常な粘膜には、ビタミンBとビタミンCが必要不可欠です。ビタミンBが多く含まれる大豆、乳製品、卵、ビタミンCが多く含まれるフルーツ、小松菜、ブロッコリーなどを意識して食べるようにしましょう。

まとめ

口内炎が発症したらストレス状態が続いているサイン、または栄養バランスが崩れているサインであると考えられます。

口内炎は痛くてつらいですね。心のどこかも、痛くて悲鳴をあげているのではありませんか? 今一度、生活を見直すチャンスと捉えましょう。そして決まった時間に3度の食事を摂るなど、規則正しい生活を送って免疫力を高めることも大切です。

ただし、あまりにも頻繁に口内炎が発症する、口内炎の範囲が広くなった、2週間以上たっても症状が治まらないといった場合は、ストレス以外の病気が原因かもしれません。お医者さんの診療を受けることをおすすめします。

関連記事
No articles