ストレスのない生活を手に入れよう!

超簡単!育児ストレスを解消する3つの方法

簡単に育児ストレスを解消できる3つの方法
思った以上にストレスとなるのが育児です。程度の差こそあれ、誰もがストレスを抱えながら、子育てを行っています。育児ストレスをためこまないように、上手に解消しましょう。

できるだけ眠ろう

なかなか寝てくれない、いつまでも泣きやまないなど、子どもをあやすのに多大なエネルギーと時間を費や日々が続くと、イライラしますね。

特に、授乳期は睡眠不足になりがちですから赤ちゃんがなかなか寝てくれなかったり、夜泣きが続いたりすると、ほとほと悲しくなります。

睡眠不足は育児ストレスの大敵です。身体が疲れていると、ふだんよりもイライラの度合いが強くなります。

なるべく睡眠をとるように心がけましょう。赤ちゃんがお昼寝をするときに、いっしょにお昼寝をする。夫と相談して夫の休日には多めに眠らせてもらうなど、積極的に睡眠をとってください。

育児に完璧を求めない

育児に完璧を求めないことも大切です。良い母親、良い赤ちゃんといった固定観念にとらわれるとストレスがたまりやすいのです。自分のペースで子育てをするよう心がけましょう。

お母さんがいつもイライラしていて、ガミガミ叱られながら育った子と、多少のことは大目に見てくれるおおらかなお母さんから育った子では、どちらが魅力的な人間に育つでしょうか。

イライラしたくなる気持ちはわかりますが、もしそれが育児に完璧を求めすぎていることが原因であるなら、自分の育児観を振り返ってみることも大切です。

5分でもいいから自分だけの時間を作ろう

自分の時間が作れない!というのも、育児ストレスの大きな原因のひとつです。たまには自分だけの時間を作りましょう。

赤ちゃんが寝ているときに趣味のイラストを書く、本や漫画を読む、DVDで映画やアニメを見るなど、好きなことをするのもいいですね。

また、夫や親に子どもを見てもらって、その間にショッピングや散歩に出かけるのもリフレッシュできます。

何とか工夫をして、わずかでもいいですから、自分だけの時間を作りましょう。